BADTASTE公式ブログ

映画、テレビ番組、各種出版、DVD、Blu-ray、CDを作ったり、芸能・マネージメントなどを日々している会社です。現在特撮ミニドラマ『あひるお姉さん』シリーズを展開中!

タグ:岩佐陽一

弊社制作協力案件

『へんしん! ポンポコ玉』BDの解説書が

デイリー新潮様にてご紹介頂きました!


https://news.yahoo.co.jp/articles/af0000728947d5e1eb9b7a9f3d6e080b32cb7ab2


 こちらが表題のネット記事になります。

ayase-1

 綾瀬はるかさん、高橋一生さんのお名前でなぜ、弊社代表・岩佐陽一やメンバーの大久保一光の名前が検索される!? と、一瞬「?」だったのですが、お二方主演の話題のTVドラマ『天国と地獄』の源泉を辿る……という趣向でらしたのですね。

ayase-2

 通常、この種の記事で、解説書はもちろん、その執筆者の名前が表記されることなどなく、まして「名文」とご過分なる評価まで頂戴し、恐縮及び光栄の往ったり来たり、で、ございます(^◇^;)

ayase-3
 
 記事をご執筆くださった吉田潮様、デイリー新潮取材班様に、改めてお礼申し上げる次第です。

 ありがとうございました。

 そして、この記事をお読みになり、『へんしん! ポンポコ玉』にご興味を持たれた方はぜひベストフィールド様より発売中の全話収録Blu-rayをお買い求めくださいませ!!

弊社代表・岩佐陽一
     ×

『行け! あひるお姉さん』シリーズ・荒木憲司監督に拠る

映画・TVドラマ・アニメトーク動画番組

『岩佐陽一にいちばん近い島』、

(ごく一部で)熱狂配信中!!


 タイトルは『おジャ魔女どれみ ドッカ~ン!』(’02年)第40話のゲストキャラ・未来役声優として有名な原田知世さん主演の『天国にいちばん近い島』(’84年)より。

 タイトルバックは、荒木監督がドラマ缶風呂に首から浸かる映像にして欲しかったんですが……


 GyaO! の人気タイトル『シネマ野郎』(https://gyao.yahoo.co.jp/search?s=gy&p=シネマ野郎)の1タイトルとして配信中!

 もちろんようつべ……もとい、youtubeでも配信中なので、観易い方でご覧ください。

20210123_1
 

 https://youtu.be/fRTqYm1KTpA

 ↑最新のyoutube配信のURLです。


 https://entamerush.jp/95566/

 ↑ネットニュース記事です。


 https://twitter.com/Cinema_Guys

 ↑公式Twitterです。


 しかしこのワタシが前向きに番組出演するようになるとは……我ながら一体どういう心境の変化だろう……!?(・・;)


(文責・岩佐 陽一)

本日、令和弐年5月10日(日)の新潟日報・朝刊の「にいがた人の本棚」に、

弊社代表・岩佐陽一が登場させて頂きました!!

 

 20200510_1

 

 ↑こちらが記事の写メです。

  18面に掲載されています。

 コメちゃんさん、満点をありがとうございました(*^^*)

 この歳で100点を頂戴できるとは思えませんでした。

 貴方が、敬愛するガンツ先生に見えます。

 

 時間とお懐に余裕のあるみなさまは、まだご購入可能ですので、ぜひ! ご覧ください。

明日、令和弐年5月10日(日)の新潟日報・朝刊の「にいがた人の本棚」にて、

弊社代表・岩佐陽一がご取材を受けました!

20200509

 

 https://www.niigata-nippo.co.jp

 

 ↑こちらが新潟日報の総合ニュース・サイト、新潟日報モアの公式HPです。

 

 ぜひ! 紙の新潟日報を一部お買い求めの上、ご覧ください。

弊社代表、岩佐陽一が監修の

電子書籍「ねずみ男大全」(文藝春秋刊)が

令和元年12月13日(金)に発売決定!!

20191128_1

 昨年、世間をざわつかせた「ねこ娘大全」に続きまして、今度は宇野重吉に比肩する名脇役・ねずみ男様ことご本名・ペケペケ様の電子書籍ムックを文藝春秋様より刊行させて頂く運びとなりました。

 “監修”とはなってますが、美人編集ご担当の平岡美那子さんと分担して、ほぼ半分強ぐらいは原稿も書いてますし、インタビュー等の取材も全部立ち会わせて頂いております。

 基本、6期『鬼太郎』をフィーチャーした電書ではあるので、原作関連のページはさわり程度ですが、限られたページ数の中で、どうにか“コシマキデザイナーのカルダン”や“丹角先生”辺りには触れさせて頂いてはおります。

 正直、ペケペケの設定ってどこまでオフィシャルなのか疑問ではありますが、今後のねずみ男研究・フィーチャーの突破口になってくれれば……とは思って構成してみました。夢は、ねずみ男を主人公にしたスピン・オフアニメ or 実写作品の実現です。これはもう『鬼太郎』第4期の頃から、4期の脚本も執筆していたお~いとしのぶ先生と二人で(だったかお~い先生の熱意に引っ張られて小生は単にお手伝いしていただけなのかももはや記憶が定かではありませんが……)ず~~~っと目論んできたことなので、いつか実現させたいな、などと。

 あ、どうですか、永富(大地)P? 5期『鬼太郎』オンエア時の『墓場鬼太郎』(’08年)的に、今期では『ねずみ男の冒険』を深夜アニメにするというのは如何でしょう?

 そんなこんなで本書をぜひ! 宜しくお願い申し上げます。

 

(文責・岩佐陽一)

↑このページのトップヘ